1. めぐみクリニックTOP >
  2. 産科 >
  3. 産前産後ケア【産後(入院中)のケア】

産前産後ケア【産後(入院中)のケア】

めぐみクリニックでは、妊娠・入院中はもちろん、退院後もケア・サポートさせていただきます。

産後(退院後)のケア

【1】おっぱい外来

【2】骨盤ケア

 

産後(入院中)のケア

【1】おっぱいケア

分娩直後の授乳

産後はできるだけ早くおっぱいを吸わせます。うまく吸いつけなくても、あかちゃんが乳首の感触・母乳の味・おかあさんのぬくもりや声にふれることが大切です。

母児同室

産後は早い時期からベビーに何度も吸ってもらうことで、母乳分泌のスイッチがONになります。
添い乳など産後の疲れが残るおかあさんが、少しでも安楽に授乳できる方法やリラックスのこつを体得できるようサポートさせていただきます。

母児同室のメリット

  • 接触している時間が長いので安心感があり親子のきずなが早くからできる。
  • あかちゃんがおっぱいを欲しがればすぐに授乳できるので母乳育児が実現しやすい。
  • あかちゃんの扱いに早く慣れることができ、退院後の育児不安が少なくなる。

ただし無理は決してしないでください。
お食事・入浴のほか疲労回復のために少し眠りたいときなどはいつでもベビールームにてお預かりいたしますのでご安心下さい。
少しぐらいお休みしても母乳ママ失格にはなりません。

おかあさんが笑顔で元気に過ごせることが母乳育児の原動力なのです。

また当院では、慣れない授乳やベビーとの生活のなかで、おかあさんが感じるストレスや孤独感を少しでも軽減できる場所として、授乳室を24時間オープン状態にしており、自室と授乳室を状況に合わせて使い分け、ご活用いただいております。

授乳室

貴重なママ仲間のコミュニティー

あかちゃんとふたりっきり(ときにはパパも)水入らずの親子タイムも嬉しいけれど、おっぱいケアや授乳、あかちゃんのお世話のしかたなど、やっぱりひとりじゃ不安なこともいっぱいです。
そんなときには授乳室へどうぞ!

いつでも必ずスタッフが付き添い、各々のおっぱい状態にあったケアをさせていただきます。ここには一緒に頑張っているママ仲間も待っています。めぐみの入院は『ママ合宿』と表現されるように、初産・経産いろんなママ同士が共に励ましあいアドバイスしあいながら入院中の苦楽(?)を共有します。

入院中に培ったママ同士の絆は、その後育児を通じた息のながい関係につながっていくことも多く、ここはかけがえのないママコミュニティ作りの場になっています。

おっぱい体操

ご自宅でも簡単におこなえるストレッチです。
背骨〜肩甲骨、肩のこりをほぐしうつ乳を防止する効果があります。

  

アロマトリートメント(有料)

アロマオイルとタッチングの相乗作用が血液・リンパ液の流れを良くすることで、うつ乳などおっぱいトラブルの予防や母乳の出が良くなる効果が期待できます。

足湯で体のしんまで温まった後、お好みのブレンドオイルで首・肩・背中をトリートメントしていきます。

バランスの崩れがちな産後の体と心を穏やかに整えリフレッシュしましょう。
施術には看護スタッフがあたります。

ページ上部に戻る

【2】栄養サロン

「おいしいおっぱいがいっぱい出ますように」を合言葉に、母乳育児を続けていくための食生活のポイントや産後ママの体調管理について管理栄養士がお教えします。
“手作りおやつにハーブティー”リラックスムードのサロンでおしゃべりにも花が咲きます。

ページ上部に戻る

【3】骨盤ケア

分娩中

骨盤のわずかなゆがみが分娩の進行を妨げることもあります。
必要時にはゆがみの矯正施術や骨盤のストレッチをおこないながら分娩の正常な進行を促します。(施術には母整研セミナー受講のスタッフがあたります)

分娩後

産後の骨盤はベビーが通ったダメージのためゆがみが生じることも多く、放置しておくとゆがんだままかたまってしまい健康を損なう原因になります。反面、女性の人生のなかでお産のあとほど骨盤がゆるむ時期はなく、比較的容易に矯正できる絶好のチャンスでもあるのです。当院ではこの時期を逃さず適切な骨盤ケアをおこないたいと考え、すべての産婦さんを対象に、産後すぐから『骨盤ベルト』を着用してゆがみ防止につとめています。恥骨結合のずれがある方や腰痛が強い方は、入院中に骨盤の状態をみながらゆがみの矯正とストレッチをすすめ、退院後も継続的にケアを続けていけるよう個別プランを立てていきます。

『骨盤ゴロゴロ』

ゴムチューブで骨盤を固定して転がすようにしながらゆがみを矯正する方法です。

ページ上部に戻る

【4】ベビーケア

小児科医師の診察

週1回、小児科医師があかちゃんの全身状態、発育経過を診ます。
異常時には速やかに治療が受けられるよう金沢医科大学病院 小児科と連携体制をとっています。

 

新生児聴力検査

新生児の聴力異常は350人に一人くらいの割合で出現する、といわれております。
当院では難聴の早期発見を目的に、希望される方対象に聴力検査を実施しています。検査は短時間で赤ちゃんが眠っている間におこないますので負担もない安全なものです。
精密検査が必要な場合は専門医に紹介させていただきます。

骨格のゆがみ防止

あかちゃんにとって平らなマットに仰向けという寝かせ方は、不自然な姿勢で背骨のゆがみにもつながります。
なかには同じ方向ばかり向く“向きグセ”が強いあかちゃんもいますが、これも骨格のゆがみが原因といわれています。
背骨のゆがみはその後の成長や健康に悪影響をおよぼすこともありますので、おかあさん同様早い時期からケアを始めましょう。

当院では、※母整研推奨の『おひなまき』にて自然肢位をとったベビーをしっかり布で包み込んだうえに、当院オリジナル作製の『ぐっすり枕』の併用にて背中や四肢の安楽な姿勢保持と向きグセ防止に成果をあげています。

また、この姿勢はちょうど子宮の中の胎児に似ており、あかちゃんは精神的に安らぎを感じるため必要以上に泣かなくなるというメリットもあります。当院では、すべてのあかちゃんに実践していますが、お預かりしている間本当に泣くことが少なくおだやかな表情です。

ページ上部に戻る

【5】リフレクソロジー

足裏には全身の器官や臓器を投影している反射ゾーンというものがあり、これらを指で刺激することで、全身を刺激したのと同じ効果が得られるといわれています。産後のリフレクソロジーには、

  • 血液・リンパの流れを良くする
  • ホルモンのバランスを整える
  • 循環・消化機能を高める
  • 体内の毒素や老廃物を排出する

などの効果が期待できます。当院ではサービスを開始してから、
「退院時足がむくんで靴がはけない」という方がほとんどいなくなりました。
さらに、施術中の夢心地のひとときが、産後の疲れや育児への不安をとりのぞき、リフレッシュ効果も高く支持されています。

日本リフレクソロジー協会認定のリフレクソロジストが、各々の足裏の状態や体調にあわせて施術にあたります。がんばるママへのご褒美です・・・至福のヒーリングサービスをご堪能ください。(希望があれば、退院後も有料での自宅出張サービスを受け付けています。くわしくはリフレクソロジストに直接ご相談ください)

診療科目

<産科>
妊婦一般外来、産科手術、おっぱい外来

<婦人科>
子宮・卵巣・乳ガン相談、更年期相談、漢方外来、不妊症外来、婦人科手術

診療時間

  9:00-12:00 14:00-18:00
◯※

※土曜日は16:00まで
緊急時は時間外でも診察に応じます。お電話の上いつでもご来院ください。分娩は24時間いつでも受け付けます。
TEL:076-237-1135

ページ上部に戻る